スリードラゴンアンティ。D&D世界で遊ばれている冒険者たちのゲーム。

ボードゲーム

我々は冒険者だ今日も今日とて一稼ぎしたあと酒場で飲むぞ冒険者の酒場で始まるのは当然ギャンブルだ!ポーカー?麻雀?いいや我々の世界ではこのスリードラゴンアンティがメジャーゲームだ!

買って金貨を総取りだ明日の酒代もこいつで稼いでやろうグッドグッドゲーム

スポンサーリンク

スリードラゴンアンティのルール

勝利条件

スリードラゴンアンティはギャンビット(賭け)を、誰か一人の所持金がゼロになるまで繰り返すゲームです。誰かが破産したギャンビットの終了時に、最も多く所持金を持っていたプレイヤーの勝利です!

ゲームの流れ

1回のギャンビットの流れは以下の通りになります。

1:アンティカードを出す
2:カードをプレイする
3:今回のギャンビットの勝者決定
4:ゲーム終了条件チェック
5:カードのドロー

1:アンティカードを出す(掛け金とスタートプレイヤーの決定)

手札の中から1枚カードを選んで場に裏向きで出す。そして全プレイヤーが同時に表向きにする。

表向きになったカードの中で最も高い数を掛け金として、全プレイヤーが場に払う。また、その最も高い数字のカードをプレイしていたプレイヤーが、最初のラウンドのスタートプレイヤーになる。

ただし、同じ数字を出したプレイヤーが複数いた場合、バッティングしたその数字はスタートプレイヤーを決める際にはないものとして考える。

スタートプレイヤーと掛け金が決まったなら、アンティカードは捨て札にする。

珍しいケースとして、全ての数字がバッティングした場合、全てのアンティカードを捨て札にした後で、全員がカードを一枚ドローし、1の手順を再度実行します。

2:カードをプレイする(基本的に3ラウンド行う)

スタートプレイヤーから順番に、時計回りでカードを1枚、表向きで場にプレイする。出した数字が最も高かったプレイヤーが、次のスタートプレイヤーになって、この手順を繰り返す。

数字がバッティングした場合は、アンティのときと同様に処理するが、全員がバッティングした場合は今回のスタートプレイヤーを引き継ぐ。

基本的に場に一人あたり3枚のカードのプレイされた時点で、そのギャンビットは決着する。

自分がプレイしたカードが、直前のプレイヤー(右隣のプレイヤー)がプレイしたカードの数字”以下”であった場合、カードに書かれている特殊能力が発動する。

また、自分がスタートプレイヤーであった場合も、この特殊能力が発動する。

プレイヤーがカードをプレイするときに、そのプレイヤーの手札が1枚しかない場合、または誰の手番中であってもプレイヤーの手札がなくなった場合、そのプレイヤーはカードを購入しなければならない。その場合、山札の一番上のカードを公開して捨てる。そのカードの強さだけ金を掛け金に支払い、そして手札を4枚になるまで補充すること。

3:今回のギャンビットの勝者決定(合計値が高いプレイヤーが勝利)

一人あたり3枚のカードが場にプレイされた時点で、カードの数字合計値を比べる。

最も合計値が高かったプレイヤーが、今回のギャンビット勝者となり、掛け金を全額手に入れる。

もし最大値のプレイヤーが複数いる場合、全員が追加でもう1枚カードをプレイすること。

このとき、場に出したカードが3枚以上同じ強さだった場合、もしくは3枚以上同一種類のドラゴンカードをプレイしていた場合、特殊効果が発動する。

4:ゲーム終了条件チェック

もし、ゲーム中に自分の所持金がなくなり、しかしさらにお金を払う必要が生じた場合、不足した金額をメモしておくこと。そのメモしておいた金額はこのタイミングで支払いが行われる。

もしメモしておいた金額を支払うことが可能であれば、その金額分をゲームから除外すること。(本来どこに支払いがなされる物だったかは一切関係がない)

その後で、自分の所持金がゼロだったプレイヤーがいた場合、ゲームは終了します!

5:カードのドロー

ゲームが終了していない場合、各プレイヤーはカードを2枚ずつ引く。そして次のギャンビットを始めること。

スポンサーリンク

ゲームの感想!

我々の世界で遊ばれている麻雀やポーカーのように、D&D世界で遊ばれているメジャーなゲームという触れ込みで作られてしまったボードゲームです!

いわゆる、TRPGにおけるファンアイテムのようなもの…だと思ったのですが、これがゲームとしても非常に完成度が高いというのが驚きです。

基本的なルールは三枚出したカード合計値の強さ比べというシンプルなものですが、掛け金を吊り上げるには強いカードを使わなければいけないというジレンマや、カードの特殊能力を発動させるには弱いカードを出さなければいけないというジレンマなど、各所に単純ではないジレンマ要素が盛り込まれています。

カードを買った資金は掛け金に追加されるため、ギャンビットに勝てば全て取り戻すこともできますし、カードが弱いならこのギャンビットはしゃがんで、次戦のために強いカードを温存するなど…様々な戦略が楽しめるでしょう。

デッキは基本の70枚のドラゴンカードに加え、30枚あるスペシャルカードの中から毎回異なる10枚を使うため、毎回違った展開になるのも面白いですね!

D&D5eのセッション中にこのゲームを遊ぶためのルールも付属しているので、普通に遊ぶのももちろん、セッション中に酒場でこのゲームも始めるのも面白い展開になること間違いなしでしょう! ボドゲファンにもD&Dファンにもオススメできる一品ですよ!

Amazon | ホビージャパン スリードラゴン・アンティ レジェンダリー・エディション (2-6人用 30分 14才以上向け) ボードゲーム | ボードゲーム | おもちゃ
ホビージャパン スリードラゴン・アンティ レジェンダリー・エディション (2-6人用 30分 14才以上向け) ボードゲームがボードゲームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました