System Gatewayカードレビュー/NBN

ボードゲーム

システムゲートウェイで新規追加されたカードのレビューです。今回はNBN編。

過去のカードを参照はしますが、コンボなどの考察をする際は、システムゲートウェイ内だけで完結するように考えています。

AndroidNetrunner最新コアセット SystemGatewayがついに登場!
ネットランナーとは? アンドロイド・ネットランナーは2012年に発売された、LCG(リビングカードゲーム)というジャンルのゲームです。 LCGはTCG(トレーディングカードゲーム)のように、事前にデッキ構築をして2人で対戦を行う...
スポンサーリンク

ID

NBN: Reality Plus
アイデンティティ メガコープ
デッキサイズ: 40 – 影響力 15
毎ターン最初にランナーがタグを取るとき、2金獲得するか、2枚のカードを引く。

NBNの新ID。タグをランナーが受けたときにメリットが発生する効果は初である。今まではタグを付けてからそれを利用することを考える必要があったが、この効果のお陰で、“ランナーにタグをつけるだけでも嬉しい”一定の効果を見込めるようになっている。

幸い、システムゲートウェイの新しいNBNのカードは、タグをつける計画書、タグをつけるアイス、タグをつける任務、タグをつける強化とタグ付けの方法は豊富に存在しているため、困ることはないだろう。

注意しなければいけないのは、毎ターン最初のタグ付けにのみ発動することで、1ターンに2回以上タグをつけても発動するのは1回ということである。ただ、ランナーターンとコーポターンは別ターン扱いなので、やはりあまり困ることはない。

総じて、タグをつけるのが得意というNBNの特性とよくマッチしている良いIDである。

スポンサーリンク

計画書

Tomorrow’s Headline
3アドバンス2点
計画書: 待ち伏せ
この計画書が得点されたり盗まれたりした場合、ランナーに1タグ与える。
デッキ1枚につき1枚まで。

NBNに追加された1枚制限の3/2計画書。もともと3/2計画書は得点効率が良いのに加えて、さらにこの計画書は得点したときでなく盗まれたときにも効果を発動する。TGTBTFly on the Wallの良いところを合わせたような効果である。

タグを与える効果は新IDとのシナジーも非常に良いといえる。ランナーのラストクリックでタグを与えればタグを外すことはできないし、タグを外したとしても通常は1クリックと2金使う必要があるためランナーの攻撃の手を緩める効果がある。

タグを外さないのであればタグがついていることを条件としたコンボを打ち込んでやろう。残念ながらシステムゲートウェイの中では、ランナーに致命的な被害を及ぼす効果を持ったコンボをあまり起こすことはできないが、Predictive PlanogramRetribution Orbital Superiority 、といった何枚のカードはタグを条件としており、状況を大きくコーポ有利に傾けることができるはずだ。

また、単にランナーのリソースを破壊するのも良いだろう。優秀なドリップエコノミーやドローエンジンのカードはリソースであることが多く、それらを破壊することでランナーの動きを停滞させることができる。

つまりどう傾いてもコーポに有利になるため、全ての新3/2計画書に言えることだが、基本的に入れ得なカードであるといえるだろう。

スポンサーリンク

資材

♦ Spin Doctor
レゾコスト0
資材:人物
トラッシュコスト2
影響値: ●○○○○
あなたがこの資材をレゾしたとき、カードを2枚引く。
この資材をゲームから取り除く:アーカイブからカードを2枚までR&Dに入れて、シャッフルする。

悪名高いJackson Howardの効果調整版リメイク。私はその時代を知らないのでコメントできないが、書いてあることは確かに強力である。

Jackson Howardとの違いは、トラッシュコストが1金安くなっていること、ゲームから除去したときの効果が1枚少なくなっていること、カードドローがクリック効果でなくレゾしたときに発動するようになっていることだ。

カード除去時効果やNGO Frontのようなトラッシュ効果が強力なのは、コーポのクリックを消費せず発動できるため、ランナーがアイスを突破してきてサーバーに侵入する直前にレゾ、効果発動することでき、ランナーには空の遠隔サーバーだけを残してやることが可能だからである。

もちろん裸の遠隔サーバーにおいても構わないだろう。

機能は二つあり、まずレゾしたときの2ドロー。そしてアーカイブから2枚再帰する効果の二つだ。

いつでも使えるアーカイブからの再帰効果は間違いなく強力であり、純粋にもう一度使いたいカードをR&Dに戻す用途にも使えるし、アーカイブに計画書を捨てても、侵入される前にR&Dに戻すことができるだろう。

レゾ時の2ドローはクリックが不要になっているが、これは強制であり拒否することはできない。

Jackson Howardはカードをクリックでオーバードローすることによって必要なカードを引き入れ、そして再帰効果でそれ以外のカードをR&Dにある程度帰すといった行為も可能であったが、♦ Spin Doctor単体ではカードドローも1回限りだし、再帰枚数も減っているためコンボパーツを引き入れる目的には少し使いにくくなっているだろう。

また、トラッシュコストが2になっていることは、中央サーバーから引かれたときの防御力の低下を意味し、リモートサーバーに置いた場合も除去時効果を使うときに望まないドローが発生する可能性がある。

そのため、Jackson Howardのような、どのデッキにも必ず入るような強烈なカードではないにせよ、十分強力なカードとして調整されているように思う。

アーカイブからの再帰効果というのは常に貴重なものなのである。

スポンサーリンク

アイス

Funhouse
レゾコスト5
アイス:コードゲート
強度:4
影響値: ●●○○○
ランナーがこのアイスにエンカウントした場合、ランナーが1タグ取らない限りランを終了する。サブルーチン ランナーが4金支払わない限り、ランナーに1タグを与える。

Data Ravenのトレースなし効果調整バージョン。レゾコストは1上がっているが、サブルーチンがランナーのリンクに影響されなくなり、かつサブルーチンに必要なクレジットも1上がっている。

このアイスは、選択権がランナーにあるということがポイントで、ランナーは通ろうと思えば2タグ受ければブレーカーなしでも通れてしまうし、タグを受けたくないのであればランの終了を選べる。

フェイスチェックでランの終了を選ばれるアイスとして5金は高い。そして、計画書を盗むことを本質的に止めてはくれないので、本命のサーバーを守るのも少し心もとない。

しかし、本家のData Ravenがそうであったように、このアイスが弱いわけではない。

ランナーがこのアイスを通過しようとする場合は常に、ブレーカーがあろうがタグという高価な通行料を課してくる。

つまり、その通行料に見合う程度のリスクをランナーに与えたいサーバーに配置するべきである。

ランナーが得意な方の中央サーバーや、Regolith Mining Licenseのようなコーポの強力な資金系資材、AMAZE Amusementsと3/1計画書や3/2計画書と組み合わせて、盗まれなければそれでよし、強引に突破してきたら合計でタグ4~5の罰を与えるのも面白い。

複数タグが付くことは外しにくくなる以外にシステムゲートウェイ内ではあまり意味はないが、SystemUpdate2021でPsychographicsが再録されており、これが複数タグがついているランナーへの強力な効果になりえる。

総じて、Data Ravenの方が軽さという意味では少し使いやすかったかもしれない。こちらのカードを活かすには、サブルーチンが発動したとき(ランナーにキラーがインストールされるまで)の効果が上がっている面を活かしていきたい。

そのためには、ランナーにとってもある程度おいしそうなサーバーを用意してやる必要があり、雑にどこに配置しても強かったData Ravenとは違い、より駆け引きが増していると言える。

Ping
レゾコスト2
アイス:バリア
強度:1
影響値: ●●○○○
このサーバーへのラン中にこのアイスをレゾしたとき、ランナーに1タグ与える。
サブルーチン ランを終了する。

カードをレゾしたときに1回だけ、ランナーにタグを与えることができる。

レゾコスト2の強度1バリアというのは、コスト強度比でいうと高価だが、NBNの新IDならレゾコストを丸ごと打ち消すことができるため、事実上コストは0であるといえる。

ついたタグがある限りランナーは重要な資金源であるリソースも出しにくいため、最序盤のランナーの出鼻を挫くには最適である。

Funhouseとは異なりフェイスチェックしてきたランナーに確実にタグを与えることができるため、ランナーのタイミング次第ではコーポターンまでタグが残ることもあるだろう。

また、弱いアイスとはいえランの終了が付随しているため、ランナーがフラクターを出すまでは殆どランナーは突破することはできない。

とはいえ、フラクターを出されてしまってからは殆ど意味をなさない。通行料もほぼないに等しいので、ランナーが何度もランを仕掛けてくるような得意とする中央サーバーや、スコアリングサーバーに配置するのは少し微妙だろう。

序盤は良いが、それらに張ってしまった場合は後半は張り替えも検討してもよいだろう。

スポンサーリンク

任務

Predictive Planogram
コスト0
任務:取引
影響値:●○○○○
以下のうち1つを解決する。ランナーにタグがある場合、代わりに両方を解決してもよい。
・3金得る。
・カードを3枚引く。

ランナーにタグが付いていると効果が上昇するカードだが、タグがついていなくても弱いわけではないというのがポイント。

0コスト3金もしくは3ドローというのは、Beanstalk RoyaltiesAnonymous Tipの効果と同じであり、そもそもタグがついていなくても、これらのカードのどちらとしても使って良いという柔軟性に優れたカードが本カードである。

このゲームは資本主義のゲームなので、クレジットが沢山あるほどより効率のいい方法でクレジットが稼げるカードをプレイ可能になっている。

そのため、クレジットが枯渇している状態というのは1クリック:1金という最低効率でのクレジット入手手段しか殆ど打てなくなるため、とても危険な状態である。

0コストで3金得られる効果は、そのクレジット枯渇状態から一気にHedge Fundなどを打つためのコストまでクレジットを回復してくれる、いわゆる”安全圏”まで引き戻してくれる安全装置である。

カード3枚ドローの効果はいつ使っても良いわけではないが、カードを引ける枚数は多い方が基本的に良いのは同意できるところだろう。

そして、ランナーにタグがついているとこれらの効果を両方とも使うことができるのである。もちろんこれは強制ではないため、手札が溢れてしまうときなどは別にドロー効果を使わなくてもよい。

しかし、ただでさえ別に弱くはない標準的効果を持つカード効果を、一回で二枚分使えるというのはかなりのアドバンテージを得ることができる。

システムゲートウェイにおけるタグというのは、突然ランナーをフラットラインさせて即勝利に持ち込むためのツールではなく、このようなカード効果によって、コーポのアドバンテージを着実に増やしてくれるものになっていると個人的に思っている。

Public Trail
コスト4
任務: 触法
影響値:●●○○○
ランナーが直前のターンでランに成功していた場合のみプレイできる。
ランナーが8金支払わない限り、ランナーに1タグ与える。

SEA Sourceのトレースなし効果調整版。使用コストが2金上がっているが、ランナーがタグを回避しようとするために支払わなければならないコストが5金増えている。

通常、このコスト量であればランナーはタグを受ける方を選択する。コーポとしても、直前のターンラン成功という条件と4金は、いつでも打てるわけではないため無策では辛い。ただ打って有利になるカードではないだろう。

やはり強味は、1クリック目に打つことで確実にコーポの残り2クリック中はランナーにタグがついたままにできるという点である。

システムゲートウェイでは、タグを条件としているカードはPredictive PlanogramRetribution Orbital Superiorityの三種類があり、少なくともPublic Trailを打つのであれば、これらのうちどれかのコンボには繋げたいところである。

Orbital Superiorityのタグ効果を起動するには残りの2クリックで得点化しなければならず、そのためには2アドバンス状態でランナーにターンを回している必要があり、前述の直前のターンにランナーがランに成功している必要があるという条件と少し相性が悪い。この計画書を盗られている可能性があるためだ。

最も簡単に思いつくのはRetributionとのコンボで、これでランナーのリグを破壊してやることだろう。

直前のターンに成功したランで使ってきたブレーカー(今後頻繁に使用する可能性が高いため)をトラッシュしたり、ランナーのヒープをチェックしてもう残っていなさそうなブレーカーを消すのも効果的だ。

MUがカツカツならMUを上昇させているハードウェアを破壊してやると連鎖的にプログラムも消せるし、コンソールを破壊してやればランナーの戦略の中心を破壊することができる。

と、基本的に良いこと尽くめである。

もちろん、NBNには他にももっと安いコストでタグを与える手段があるが、このカードの強みは”ある程度タグを与えるタイミングをコーポがコントロールできる”ことであることを忘れてはいけない。

スポンサーリンク

強化

♦ AMAZE Amusements
コスト1
強化
トラッシュコスト3
影響値:●●●○○
永続>このサーバーでランが終了するたび、そのラン中にランナーが計画書を盗んでいた場合、ランナーに2タグ与える。(ランナーがこのカードをトラッシュした場合でも、この能力はこのランの残り時間には適用される)。

ランナーが計画書を盗むことに対して強力なタグ2の罰を与える強化。タグ2は非常に強力で、この強化と他のカードを組み合わせればランナーにタグ4やタグ5を与えることも容易く、ランナーはタグを外す気を失うかもしれない。

そうした場合、Psychographicsのチャンスだ。ランナーがタグを外さない限り高アドバンスを必要とする計画書も難なく得点できる状態になるだろう。

問題は、この強化を発動させるためにはランナーに計画書を予め盗ませる必要があり、この強化自体は決してランナーにサーバーに置いてある計画書を盗まれにくくするためのものではないということだ。

追加のクレジットコストを負担したりするわけでもないため、この強化のトラッシュコスト3というのは満たされやすい。計画書を盗られたときに一緒にトラッシュされてしまう可能性は高いだろう。

できれば盗ませる計画書は3/1などポイントが安いものが望ましい。

また、しっかりとタグがついた後のコンボカードを用意しておくことも重要だ。

記載されている内容は強力だが、適当に使っているだけでは真価を発揮することは難しいカードといえるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました