D&D5eクレリックサブクラス攻略/生命の領域

TRPG

生命の領域クレリックは、クレリックの持つ一要素である「仲間の回復」に焦点を当てたクラスです。ヒーラーのイメージに最も合致しているクラスですが、D&D5eのクレリックは防御力も高く、さらに武器を振るうこともできます。

回復はもちろんのこと、他にどのような手段でパーティに貢献できるのでしょうか?実際に見てみましょう。

スポンサーリンク

領域呪文

Lv1ブレス、キュア・ウーンズ
Lv3-レッサー・レストレーション、スピリチュアルウェポン
Lv5-ビーコン・オブ・ホープ、リヴィヴィファイ
Lv7-ガーディアン・オブ・フェイス、デス・ウォード
Lv9-マス・キュア・ウーンズ、レイズ・デッド
生命領域の領域呪文は、味方を回復するというヒーラーの基本に忠実な考え方を中心に展開しています。

彼らの呪文は失われたヒットポイントを回復し、デバフを無効化し、ダメージを無効化し、そして死者を蘇生します

キュア・ウーンズマス・キュア・ウーンズは生命領域クレリックにとっての最重要呪文です。

キュア・ウーンズはクレリックにとって最も基本的な回復呪文であり、これがデフォルト選択されているということは、最低限の仕事ができることを意味し、呪文リストの構築自由度を上げてくれます。

マス・キュア・ウーンズは複数を同時に大きく回復できる呪文であり、パーティ全体のヒットポイント減少時に彼らを再び立ち上がらせ、態勢の立て直しを可能にします。

レッサー・レストレーションはサポート役が持つのにふさわしい呪文で、厄介な状態異常を素早く治癒し、致命的な事態を招くことを防ぎます

これらの呪文はビーコン・オブ・ホープによって回復ロールを最大化し、効果量を増幅することもできます。

ブレスデス・ウォードは回復ではありませんがどちらも強力なバフ効果を持っています。

ブレスは敵をより早く打ち倒し、味方を悪意ある効果から守ります。

そしてデス・ウォードは味方が死ぬのを防ぎます

ブレスやビーコン・オブ・ホープはどちらも精神集中が必要ですが、重要な戦いの前には良いバフです。

リヴィヴィファイレイズ・デッドは死者を蘇生するための呪文です。

リヴィヴィファイには厳しい時間制限がありますが、圧倒的に安価です。あなたはどちらも使えますので、適切な呪文を唱えてください。

そしてダメージを与える呪文もあります。スピリチュアルウェポンガーディアン・オブ・フェイス

スピリチュアルウェポンは精神集中不要な継続ダメージの素晴らしい底上げであり、クレリックであまりがちなボーナスアクションの良い使い道です。

ガーディアン・オブ・フェイスは敵対クリーチャーの特定エリア侵入に対してダメージを与えるゾーンオブコントロール呪文です。

過小評価されがちですが、1回の4Lv呪文で最大60点のダメージを与えるということは攻撃的な魔術師たちの使う呪文と比較しても決して低い値ではありませんし、味方を巻き込まないのでファイアボールなどより使いやすいこともあります。8時間持続し、休憩前に出しても良いですし、精神集中不要なので複数出すこともできます。総じて優れた呪文です。

スポンサーリンク

習熟追加

この領域を1Lvで選択した時点で、重装鎧に習熟する。

生命の領域クレリックは重装鎧に習熟しています。クレリックは盾にも習熟していますので、これと合わせると生命の領域はゲーム内で最高のACを得ることができることを意味します。

基本的な回復呪文であるキュア・ウーンズの射程は接触なので、ACが高くなるということは敵の近くにいる味方に近づいて回復もしやすいということなのでシナジーがあります。

回復の必要がないときはそのままACの高さを生かし、メイスなどの単純武器で近接攻撃するのも良いでしょう。

ただし、キュア・ウーンズは動作要素のみが必要な呪文ですので、片手+盾装備の場合、武器をしまうことを忘れないでください。

もちろん、十分に敏捷力を高めたビルドなら、遠隔武器を使うのも良いでしょう。攻撃回数は増えないので、クロスボウの装填ペナルティも基本的に気になりません

このサブクラスでは武器攻撃をするということが少し重要な要素ですので、近接するにせよ、遠隔にするにせよ、何の武器で攻撃するかは決めておく方が良いでしょう。

スポンサーリンク

生命の使徒

生命の領域クレリックがLv1以上の呪文を使用し、クリーチャーのヒットポイントを回復するたびに、クリーチャーは2+呪文レベルに等しい追加のヒットポイントを回復します。

生命の領域は回復効率の向上に主な焦点を当てています。素晴らしい能力。

これは、Lv1呪文スロットを使ったキュア・ウーンズが追加で3点回復するようになることを意味します。判断力修正値が2だったと仮定すると、回復量の期待値は6.5から9.5に増加します。初期時点で実に1.5倍です。さらに呪文レベルの増加に従って回復量はさらに増えます。

明確に回復呪文の効率が向上するのは生命の領域クレリックのみですので、できる限り呪文スロットは回復呪文に投入していきたいところです。

これは明確に回復呪文の効率が向上しますが、範囲回復する呪文を唱えた場合、その対象者全てが生命の使徒の効果の恩恵を受けることができるため、より効率的であると言えます。具体的にはマス・キュア・ウーンズやマス・ヒーリング・ワードなど。

そしてこの能力はパッシヴ能力であり、小休憩や大休憩で回復するといったリソースによって管理されているわけではありません。つまりあなたの持っている呪文スロットの回数だけ理論的には発動できるわけです。そしてそれはレベルが上がるにつれて指数関数的に増加します。

この能力のおかげで、生命の領域は明確に回復が得意なサブクラスであると言えます。

スポンサーリンク

神聖伝導:生命保護

Lv2から生命領域は神聖伝導を使用して、アクションを用い聖印を提示することで、最大であなたのクレリックレベルの5倍に等しいヒット・ポイントを回復することができる治癒のエネルギーを呼び起こします。
あなたから30ft以内のクリーチャーを任意の数だけ選択し、前述した治癒エネルギーのヒット・ポイントを選んだクリーチャー間で分配できます。この能力では、クリーチャーの最大ヒットポイントの半分以下までしか戻すことができません。アンデットや人造生物には効果がありません。

この能力はかなりのヒットポイントを回復することができます。この能力を手に入れたLv2時点で、あなたは理論上、小休憩ごとにスペルスロットを使わない10点のパーティ回復リソースを手に入れます。Lv20では小休憩ごとに100点の回復リソースを3回分(!)得ます

発動するのに神聖伝導を使用する必要があるため、発生した回復リソースは一度にまとめて使う必要がありますが、それでもこの能力の多様性は素晴らしいです。

範囲攻撃を受けた後でパーティを治癒する。ヒットポイントが0になったプレイヤーに集中使用して立ち直らせるなど。

パーティ全体が壊滅的なダメージを受けたとしても、あなたが立ってさえいればパーティメンバーは全員再び立ち上がるでしょう。スペルスロットの消費なしで!

生命領域の特性である、パーティのヒットポイントを保つサポート能力の強さが明確に表れている良い能力です。

スポンサーリンク

幸いなる癒し手

6レベルから、あなたは自分以外のクリーチャーにヒットポイントを回復する1レベル以上の呪文を唱えたならば、君のヒットポイントもまた2+呪文レベルに等しいヒットポイントを回復する。

呪文による他者の回復時に自分自身を回復することは、そこまで重要なわけではありません。

この能力はジレンマを引き起こします。自分自身に回復呪文を打ちたくなるほどヒットポイントを減らしたくはないが、ある程度はヒットポイントが減っていてほしいというジレンマです。

しかしそれでも、生命の使徒の効果が実質的に二倍になる効果が弱いわけはありません。

この能力が明確に役に立つ呪文が一つあり、それはライフ・トランスファランスです。幸いなる癒し手が発動するタイミングが生命の使徒と同じだとすると、ライフ・トランスファランスで負ったダメージを即座にある程度治癒することができます。そして味方を生命の使徒の効果で大きく癒す。とても効率的です!

スポンサーリンク

信仰込めた打撃

8Lvでは、武器の攻撃に神聖なエネルギーを注入する能力を獲得します。武器攻撃でクリーチャーを攻撃する各ターンに一度、攻撃に追加で1d8光輝ダメージを与えることができます。 14レベルに達すると、追加ダメージは2d8に増加します。

この能力が、生命の領域クレリックが武器攻撃を行った方がいい理由です。

この能力によって、生命領域はファイターのような追加の攻撃がなくても武器攻撃で一定のダメージを保証するため、初級呪文での攻撃よりも武器攻撃の方がわずかに強くなる傾向があります。

この能力はスピリチュアルウェポンでは起動しないことに気を付けて下さい。実際の武器で攻撃する必要があります。

また、【筋力】か【敏捷力】に能力値を割くことを検討する必要があることを意味します。そうしないと、この能力は失われることになります。

生命の使徒や幸いなる癒し手の能力は、条件なくあなたの回復呪文の効果を伸ばし、また生命の領域は敵に対してセーヴが必要な呪文というものを殆ど必要としません

そのため、他のクレリックサブクラスに比べて比較的【判断力】は低くても問題ないということを意味します。もちろん、あなたが回復量のみに特化したビルドを検討している場合は別です!

光輝ダメージも良いダメージ種別です。一部のセレスチャルは抵抗を持っていますが…その程度です。他のダメージ種別よりはずっと安全にダメージを通すことができ、脆弱性を持つ敵もいます

スポンサーリンク

治癒の極意

17レベルから、通常1つ以上のダイスを振って呪文でヒットポイントを回復する場合、代わりに各ダイスの最大の出目を使用します。たとえば、クリーチャーに2d6ヒットポイントを回復する呪文の場合、12点を回復します。

この辺りのレベルになってくると、ダイスを使った回復呪文は減り、固定値の回復になってきますが、この能力によって低レベル呪文の回復効率が格段に向上します

キュア・ウーンズ、マス・キュア・ウーンズ、ヒーリング・ワード、マス・ヒーリング・ワード、リジェネレーションなど。ヒールではない呪文の回復効率を向上することは、クレリックの呪文スロットを大幅に節約してくれます。

また、それぞれの回復呪文に明確な固定値が割り当てられるため、敵から受けたダメージを回復するために必要な回復の量および使用するべき呪文が正確に知れることはまさに回復において一切の無駄がありません。

スポンサーリンク

生命の領域に対する見解

生命の領域クレリックは明確なサポートクラスであり、クレリックが持つ要素の一つである回復の効率を最大化することに長けています。

あなた以上に仲間の回復を上手にできるクラスは存在しません!

あなたが倒れさえしなければ、仲間は無限に復活できるのです。

やることは単純で、仲間のヒットポイントが減っていたら回復してあげるだけでも十二分に活躍できるため初心者でも安心して扱えるクラスです。

あなたの領域呪文のスペルリストだけでも必要な呪文は全て備わっています

効率的な回復ができるということは、回復に割くスペルスロットを減らすことができることを意味します。

少し慣れてきたら浮いたスロットを使い、仲間のバフや、攻撃的な呪文を唱えることも検討すると良いでしょう。仲間はあなたの支援に感謝しているはずです!

この記事を書いた人
nullpoint999

アナログゲームばかり遊んでいるいきもの

nullpoint999をフォローする
TRPG
スポンサーリンク
nullpoint999をフォローする
ぬるボド

コメント

タイトルとURLをコピーしました